障害年金対象の傷病

障害年金は、日常を生活する上で、障害となる傷病を患っている方が対象となり、年金を支給されます。そのような障害のある方に支給される一時金であり、障害が改善するまで受給できます。受給資格に制限はなく、収入や財産、家族構成も考慮されず、対象の障害と認定されれば支給されるのです。

対象となる障害は、ほとんどの障害が当てはまり、一部のみ対象外です。対象外となるのは、鼻腔障害、精神障害、神経系障害、呼吸疾患障害、肝疾患などの中の一部であり、高血圧など日常に障害のない疾患も対象外です。これらを除けば、ほぼすべての傷病が対象となります。目の障害であれば白内障や緑内障、聴覚障害のメニエール病や内耳障害、外傷性鼻科疾患、そしゃく、音声・言語障害、上肢下肢障害、体幹・脊柱障害、平衡感覚障害、精神障害、神経・呼吸器系障害、腎疾患障害、癌などが当てはまります。高血圧でも悪性だと対象となり、糖尿病でも関係する合併症となると対象です。

パソコン障害年金の対象となる傷病は多数あり、100以上の傷病が対象となり、まずは自分の傷病が年金の対象かどうか、日本年金機構などのホームページで調べてみると良いでしょう。

そしてその障害の状態に応じて、1級から3級まで分けられます。もちろん1級が一番支給額が高いですが、必ずしも自分の症状が悪いからと言って、1級に認定されるとは限らず、何級になるかは役所の判断に委ねられます。また気をつけないといけないのは、対象となる傷病でも、障害年金が支給されないこともあります。